旧中山道文化資源再生プロジェクト

美術と街巡り・浦和

開催:2017年3/15(水)~3/19(日)

美術と街巡り・浦和ロゴ大

旧中山道文化資源再生プロジェクト

美術と街巡り・浦和

開催:2017年3/15(水)~3/19(日)

 
 

美術と街巡り・浦和について

浦和の街は江戸幕府が中山道を五街道に指定したことから浦和宿として誕生しました。また明治の廃藩置県により武蔵国の一部が埼玉県となって、浦和に県庁が置かれることになります。こうした変遷の中で浦和は、そのときどきの社会状況に応じて建物の形や配置を変えながら、今日の街の姿を形成してきました。
美術はある意味で、歴史と現在をつなげる営みであると言えます。作品の制作は、人々の精神の伝統の上に新たな社会的価値を積み重ねていく作業だからです。本事業は浦和駅西口周辺に焦点を当て、街並みの過去と現在を感じさせる場所に美術作品を設置します。
美術作品が置かれると、見慣れた土地も今までとちょっと違って見えてきます。そうするとそこで暮らす人々もまた、その場を活かす工夫をしたくなるはずです。そのとき手掛かりとなるのが、土地の持つ歴史ではないでしょうか。街の歴史を今に活かすこと、それがにぎわいづくりの第一歩だと私たちは考えています。

<後援>  埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所
<助成>  平成28年度さいたま市文化芸術都市創造補助金
<協力>  さいたま市立高砂小学校、鴻巣市立鴻巣西中学校、さいたま市の美術家をつなげる会、NPO法人コンテンポラリーアートジャパン、NPO法人都市づくりNPOさいたま、NPO法人さいたま情報センター、彩光舎、さいたま建築塾、アートプレイスK
<主催>  美術と街巡り・浦和実行委員会

本プロジェクトを構成する

"5つのプログラム"

美術展プログラム
「どこかでお会いしましたね2017 -
 地域を超えて」

3月15日(水)〜19日(日) 

街歩きプログラム
「ガイド・ツアー」

3月18日(土),19日(日)
参加無料

学校への美術家派遣プログラム
「ウレタン・スカルプチャー -
 □(四角)からはじまるかたち」

3月9日(木)~3月19日(日)
実施校:さいたま市立高砂小学校

美術展プログラム
「どこかでお会いしましたね2017 -
 地域を超えて」

3月15日(水)〜19日(日) 
 

街歩きプログラム
「ガイド・ツアー」

3月18日(土),19日(日)
参加無料
 

学校への美術家派遣プログラム
「ウレタン・スカルプチャー -
 □(四角)からはじまるかたち」

3月 9日(木)~3月19日(日)
実施校:さいたま市立高砂小学校

意見交換プログラム1
「美術を街で活かすために」

3月17日(金)  会場: 市民会館うらわ 5
聴講無料

 意見交換プログラム2
「さいたま市のアートプロジェクト - 行政主体と民間主体のアートプロジェクトはどのように連携できるのか」

3月18日(土) 会場:市民会館うらわ1階
聴講無料

意見交換プログラム1
「美術を街で活かすために」

3月17日(金)  会場: 市民会館うらわ 5
聴講無料
 

 意見交換プログラム2
「さいたま市のアートプロジェクト - 行政主体と民間主体のアートプロジェクトはどのように連携できるのか」

3月18日(土) 会場:市民会館うらわ1階
聴講無料
inserted by FC2 system