旧中山道文化資源再生プロジェクト

美術と街巡り・浦和

2018年3/9(金)~3/15(木)

美術と街巡り・浦和ロゴ大

旧中山道文化資源再生プロジェクト

美術と街巡り・浦和

2018年3/9(金)~3/15(木)

 

 

美術と街巡り・浦和について

浦和の街は江戸幕府が中山道を五街道に指定したことから浦和宿として誕生しました。また明治の廃藩置県により武蔵国の一部が埼玉県となって、浦和に県庁が置かれることになります。こうした変遷の中で浦和は、そのときどきの社会状況に応じて建物の形や配置を変えながら、今日の街の姿を形成してきました。
美術はある意味で、歴史と現在をつなげる営みであると言えます。作品の制作は、人々の精神の伝統の上に新たな社会的価値を積み重ねていく作業だからです。本事業は浦和駅西口周辺に焦点を当て、街並みの過去と現在を感じさせる場所に美術作品を設置します。
美術作品が置かれると、見慣れた土地も今までとちょっと違って見えてきます。そうするとそこで暮らす人々もまた、その場を活かす工夫をしたくなるはずです。そのとき手掛かりとなるのが、土地の持つ歴史ではないでしょうか。街の歴史を今に活かすこと、それがにぎわいづくりの第一歩だと私たちは考えています。

<後援> 埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所
<助成> 平成29年度さいたま市文化芸術都市創造補助金
<協賛> ギャラリー七面坂途中、(株)制作美術研究所、Gallery Pepin
<協力>アートプレイスK、うらわ建築塾、浦和宿たてもの応援団、NPO法人コンテンポラリーアートジャパン、(有)彩光舎、埼玉会館、埼玉県立近代美術館、さいたま市の美術家をつなげる会、NPO法人埼玉情報センター、さいたま市立高砂小学校、さいたま市立本太中学校、埼玉新聞社、NPO法人都市づくりNPOさいたま、柳沢画廊、楽風
<主催> 美術と街巡り・浦和実行委員会

プロジェクトを構成するプログラム

【展覧会プログラム】

「どこかでお会いしましたね2018 

3月9日(金)~15日(木)
観覧無料

「公共空間と美術 −
埼玉会館エスプラナード展」

3月3日(土)~18日(日) ※3/7(水) 休館 
観覧無料

「ギャラリー・セレクション」

柳沢画廊、ギャラリー彩光舎、ギャラリー楽風
観覧無料

「どこかでお会いしましたね2018 」

3月9日(金)~15日(木)
観覧無料
 

「公共空間と美術 −
埼玉会館エスプラナード展」

3月3日(土)~18日(日) ※3/7(水) 休館 
観覧無料
 

「ギャラリー・セレクション」

柳沢画廊、ギャラリー彩光舎、ギャラリー楽風
観覧無料

【街歩きプログラム】

「ガイド・ツアー」

3月10日(土),11日(日)
参加料:100円(保険料)

「街をかざる」

3月9日(金)~22日(木)
実施校:さいたま市立高砂小学校
観覧無料

「浦和たてもの40」

3月9日(金)~15日(木)
観覧無料

「ガイド・ツアー」

3月10日(土)、11日(日)
参加料:100円(保険料)

「街をかざる」

3月9日(金)~22日(木)
実施校:さいたま市立高砂小学校
観覧無料

「浦和たてもの40」

3月9日(金)~15日(木)
観覧無料
 

【市民リポーターの活動】 

「市民リポーター報告会」

3月10日(土) 17:30-20:30

【ワークショップ、限定商品】 

「お店でアート」

会場:(有)サカタ本店、クールヴェルジュ、アートスペース717、三代目満作

【市民リポーターの活動】 

「市民リポーター報告会」

3月10日(土) 17:30-20:30

【ワークショップ、限定商品】 

「お店でアート」

会場:(有)サカタ本店、クールヴェルジュ、アートスペース717、三代目満作
inserted by FC2 system